退職したくてもできない!出産後のママの再就職に有利な制度がほしい

退職したくてもできない!出産後のママの再就職に有利な制度がほしい

妊娠をしたら、仕事を辞めるか続けるかで悩んでしまうものですが、自分の気持ちとしては、子育て一本で行けるならそちらのほうが良いと考えていました。
しかし、問題は収入です。
出産をするにも子育てをするにもやはりお金がかかるので、それを考えると安易に退職することはできません。
妊娠が発覚したからと言って、すぐに辞める必要がないのでしばらく考えていたのですが、なかなか答えを導き出すことができませんでした。

悩んだ結果、休職することにした

今の仕事がそれほど好きではなかったので、できるなら退職したいと考えてはいました。
しかしその一方で再就職は難しいので、それだったら復職しやすい今の職場にいたほうが良いのではと考えました。
仕事に困らない時代や職種でしたら、一旦退職して落ち着いたら仕事を探すという方法で良いと思いますが、現実は再就職をするのは非常に難しい時代です。
それを考えると安易に退職することはできないと感じていました。

子どもの手が離れた後の復職はどうすべきか

これから赤ちゃんが生まれてくることに喜びはあったものの、退職をするか休職するかということで頭を悩まされ、はっきりとした答えは出ませんでした。
子育てでいつ復職できるか分からない状態が続くなら、いっそ辞めたほうがいいのかなと思いました。
しかし、私も収入のめどが立たなくなることは将来的に厳しく、気軽に退職とは決められませんでした。
こういった経緯もあり、本意では無いのですが、休職することにしました。

子どもの手が離れた後の復職はどうすべきか

妊娠しても、復職に有利な時代になって欲しい

私が遭遇したことですが、妊娠して休職することで、いつ復職できるのかも分からない状態の中、女性に冷ややかな目線を送る会社は少なくありません。そんな冷たい視線を送られながらも、私が休職することはやむを得ないことでした。
景気さえ良ければ、前向きに再就職を考えることも出来るし、休職と退職のはざまでこんなに頭を抱える必要はなかったでしょう。

「仕事に穴を開けられるのは迷惑」だとか、「転職が難しいから」だとか、お互いに軋轢を生まないような、妊娠・出産する立場の人に優しい時代になって欲しいと思いました。
妊娠して休職してまでも、職場に籍を置き続けるかどうかで悩むことは、仕方のないことだと思っています。

妊娠しても、復職に有利な時代になって欲しい

  1. 妊娠前に考えたい
  2. 妊娠してから出産まで
  3. 産後と育児
  4. 周囲のサポート

先頭に戻る