注射が嫌いなので仕方なく自然分娩を…

注射が嫌いなので仕方なく自然分娩を…

私には男の子と女の子の二人の子どもがいますが、二人とも自然分娩で出産をしました。
無痛分娩と聞くと麻酔によって全く痛みを感じないと言うイメージがありますが、陣痛に耐えたり、圧迫感をこらえたりということは自然分娩と変わらないとのことです。
しかも無痛分娩を実施している病院はまだまだ少なく、麻酔を注射や点滴などで注入しなければならないと言うことから、注射が苦手な私は必然的に自然分娩を選択しました。

出産を決めた病院は自然分娩のみを実施しているクリニックでしたが、分娩室では出産時の痛みが軽減されるような照明と音楽・映像によりとてもリラックスすることが出来ました。
分娩の時はやはりそれなりに痛みを感じましたが、それもこれから赤ちゃんに会うための痛みだと思いながら、立ち会ってくれた夫に励まされて頑張ることが出来ました。

無痛分娩のことも調べた上での決断

無痛分娩のことも調べた上での決断

無痛分娩は、赤ちゃんの負担を減らしたり、妊婦さんで心臓などに持病を抱えている場合は、母体の負担を軽減してくれると分かりました。
幸い私には持病は無く、自然分娩で赤ちゃんが無事に産まれてきてくれましたが、そのような事情があるのであれば無痛分娩を選択することもありではないかと感じています。
また1人以上子どもをもうけるのであれば、1人目は自然分娩で、2人目は無痛分娩でなどと、違った方法を選択することも出来ると思います。

自然分娩を乗り越えたら、二人目の覚悟ができた

私も出産には痛みを感じて、1人目が産まれた直後は、もう子どもはいらないと本気で思っていましたが、しばらくするとその痛みを全く忘れてしまいました。
これはとても不思議なことなのですが、やはり子どもがかわいくて兄弟を作ってあげたいと思えたことが一番だと思います。

そして二人目が産まれる直前もやはりとても怖かったのですが、すでに二回目であると言うことから何となく自信が持てて、落ち着いて出産することが出来ました。
赤ちゃんが下がってきてからはとても痛みを感じましたが、これは自然な痛みなんだと思いながら頑張ることが出来ました。

自然分娩を乗り越えたら、二人目の覚悟ができた

  1. 妊娠前に考えたい
  2. 妊娠してから出産まで
  3. 産後と育児
  4. 周囲のサポート

先頭に戻る