つらかったつわり!しかも2人目の方がもっとキツイ…

つらかったつわり!しかも2人目の方がもっとキツイ…

私は二回出産をしていますが、つわりは一人目のときよりも二人目を妊娠していたときの方がつらかったです。

何故二人目の方が!?つらいつわり

つわりを経験するのは二回目だったのである程度覚悟はしていましたが、妊娠したことが確実に分かる前から、何となく胃がムカムカしていました。
まだ妊娠二ヶ月なのに早くもつわりが始まって、これから先どうなるのかと本当に不安になりました。
初期の頃は吐き気とムカムカがいつもある状態で、ほとんど食事が摂れない状態が続き若干体重が落ちてしまいました。
水分は摂れていたので、産婦人科にかかっても入院や点滴などの処置は行われず、どうにかしてつらい日々をやり過ごすしかありませんでした。
産婦人科では漢方薬を処方されましたが、強烈なニオイと舌触りが苦手で、ほとんど飲むことができませんでした。

つわりがつらい間の食事

食事に関しては多少偏食はありましたが、食べられる物と食べられない物が日によって違うため、今食べたい物をリクエストして買ってきてもらうということを続けていました。
ただ、チョコレートやケーキなどの甘い物は一切受け付けなくなってしまったり、ご飯が炊ける匂いどころか、料理の匂いで吐き気を催したりすることもありました。

つわりがつらい間の食事

悩まされた唾液過多の症状

妊娠中期になると吐く回数は少なくなっていきましたが、一番困ったのが唾液過多になったことです。
なぜか唾液が常に分泌される状態で、飲み込める量でもないし無理に飲み込むと気持ち悪くなってしまうので、タオルに口をあてて吐き出していました。
眠っている間はさすがに唾液は出てきませんが、起きている間はずっと出てきます。
フェイスタオルを一日一枚から二枚使い、端っこから吸わせて濡れた部分を丸めていき、最後に手洗いするという毎日が続きました。

用事で外出するときは、小さめのタオルを持って行き、口を隠しながら人に分からないように、タオルをそっと口に含んで唾液を処理していました。
妊娠当時はその方法しか解決策がなく、とにかくつらい日々を過ごしました。

出産後にも残った体調不良

胃のムカムカや偏食、唾液過多などのつわり症状は、出産が終わった直後にすっきりなくなると思っていましたが、唾液過多だけが出産の三日後くらいまで残っていました。
胃腸が弱いわけでもない私が、つわりとは言え、どうして唾液過多になったのかは分かりませんが、その後は同じ症状で悩まされることはありません。
また、出産後に甘い物が大好きになったのも、妊娠中の反動かもしれません。

出産後にも残った体調不良

  1. 妊娠前に考えたい
  2. 妊娠してから出産まで
  3. 産後と育児
  4. 周囲のサポート

先頭に戻る