育児中ママのストレス解消法2

育児中ママのストレス解消法2

ずっと子どもは欲しいと思っていたものの、子どものお世話をしたことがなかった私は、子どもが生まれてもどんな風に接していけばいいのかがわかっていませんでした。世の中の母親たちは、子育てをしてきているのだから、出産してみれば何とかなるものなのかもしれないと思っていました。

しかし実際に出産をして子育てをしてみると、育児の大変さが痛いほどわかってきました。

育児って大変!ママの苦労が身に沁みる

育児って大変!ママの苦労が身に沁みる

育児はマニュアル通りには全くいきませんし、泣き出した子どもをあやすのは容易なことではありません。何か用を足していても泣いて呼ばれるようになりますし、ゆっくりと食事もできなければ、トイレに行く事さえもできない毎日で、へとへとになっていきました。
精神的なつらさも、体力が回復できれば少しは違ったのかもしれませんが、夜は夜泣きで悩まされ、やっと寝付いたと思えばまた起こされの繰り返しです。

そんな状態では体力が回復する暇もなく、朝が来るといった感じでした。さすがにあまりの疲れでストレスも溜まる一方だったので、このままでは育児ノイローゼになるかもしれないと危機感を覚えたほどです。

見つけた!育児ストレス解消法

そんな時に私がしたストレス解消法は、一人の時間を作ることです。週に一度でも数時間たった一人で過ごさせてもらうのです。

一人になるために、子どもを夫に連れ出してもらい、一人の時間を作ることにしました。その間何をしていたかというと、基本的には何もしません。体の疲れを取るために、寝たいだけ昼寝をしたこともありますし、見たかったドラマをぼーっと見たこともあります。

たまには出かけたりしたこともありましたが、とにかく何もせず静かな時間を過ごすのが私にとってもストレス解消の時間でした。

携帯の電源を切り、誰からも貴重な一人の時間を邪魔されないようにして、静かな時間を過ごしていると、心の中のもやもやが薄れていく気がしたほどです。普段であれば、子どもの泣き声に悩まされ、ゆっくりと座っている暇もないほどの時間を過ごさなくてはなりませんが、一人の時間を作ることによって、心のリセットをすることが出来たのです。

ストレス解消できたら、さぁまた育児だ!

そんな風にして心をすっきりとさせ、ストレス解消をすることによって、夫が子どもを連れて家に帰ってきたときには、笑顔で子どもを迎え入れることが出来ました。

ストレスが溜まりすぎると、子どもの前で笑顔になることもできなくなります。それでは子どもにとってよくないので、ママが笑顔になるためには、ストレス解消が大切です。

ストレス解消できたら、さぁまた育児だ